仙台の動物病院では動物の安楽死も受けています。安楽死に関しては賛否両論がありますが、このまま治療をしていても全く回復することなく死亡していることが確定している場合には苦しむ期間を少しでも少なくするためにも安楽死という方法をとるのです。楽に死ねる方法ですので注射の痛みくらいしかありません。苦しむことのなく静かに天国に行くことができます。もちろんこれは飼い主の承諾があってこそのことです。考えようによっては飼い主からの最後のペットへのプレゼントということにもなります。保健所などでは動物の処分をしていますがこちらの場合は二酸化炭素によって窒息死させますので安楽死とは違いかなり苦しみながら死ぬことになるのです。あまり公にはなっていませんが多くの方が利用しています。これは飼い主の価値観によるものですのでするかしないかは善悪の判断ではありません。まず獣医にこの施術をしてもらうときには必ず相談をするようにしてください。まだ少しでも生き残れる可能性があるのでしたらその道について打診してもらえるからです。またプライバシーに関する情報ですので必ず情報は守ってくれます。まずは質のいい獣医を調べるところからはじめてください。